Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

한두 가지쯤(一つか二つぐらい)を聞き取れますか?

去年の大晦日のニュースからの引用です。

2013년 새해 앞두고 신년 계획 한두 가지쯤 세우고 계실 텐데요.
訳:2013年の新年の目前にして新しい年の計画を一つか二つぐらい立てていらっしゃると思いますが。



한두(一、二) 가지(種類)쯤(ぐらい)という単語がつながってるので意味自体はそれほど難しくないのですが、実際のニュースの音声を聞くとわかるように非常に早く発音されます。

おそらく非常によく使われる表現なので速く発音されるんでしょうね。日本語でもコンビニなどで「ありがとうございましたー。」が非常に速く発音されますが、頻繁に聞く言葉なので問題なく聞き取れます。

頻繁に使われる言葉だからこそ、外国人には速すぎて難しいんですね。

ですが、聞き取りが難しい言葉はまず自分が発音できるようにすれば、意外と簡単に聞き取れるようになります。

聞き取りできない言葉が出てきた時に何度も聞くのも大事ですが、自分で声を出して発音を何度もするのはもっと大事なのではないでしょうか。

では、他の表現を見ていきましょう。

2013년の読み


同じ話の繰り返しになりますが、数字も生活の中で頻繁に使われる言葉ですので非常に速く発音されることが多く聞き取りが難しいです。年号は何度も何度も使うことがありますのでスラスラ話せるようになっておきたいですね。

2013年 : 이천십삼 년

年号は固有語の読みではなく、漢字語の読みをします。

~を前にして


앞두다は直訳すると「前に置く」という意味です。

それが転じて「~を目前に控える・~を前にして」という意味になります。

계시다の使い方


계시다は있다の尊敬語で「いらっしゃる」という意味なので、そのまま있다と入れ替えて使うことができます。

세우고 계실 텐데요:立てていらっしゃると思いますが。

■ 세우고 있을 텐데요:立てていると思いますが。


日本人はこのように一対一で対応する表現があるので覚えやすいのですが、言語体系が全く異なる欧米人がこの敬語表現を学ぶのは非常に大変なんでしょうねえ。 ( ・ั﹏・ั)


ランキング

↓ブログランキングに登録しています。どうかクリックを!
にほんブログ村 外国語ブログ 韓国語へ
にほんブログ村
comments powered by Disqus
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。